【大分市】注文住宅に使う無垢材とは?デザイン性に優れたおしゃれな住まいにするポイント

【大分市】注文住宅に使う無垢材とは?デザイン性に優れたおしゃれな住まいにするポイント

注文住宅を建てる際に使う無垢とは?

無垢材は見た目が美しく、シックハウス症候群になりにくいことから、注文住宅を建てる際に使われることが多い建材です。一般的に建材として使われる集成材とは異なり、無垢材は丸太から切り出しているため、それぞれの表情が豊かなのが特徴です。

こちらでは、無垢材にはどのような種類があり、どのような特徴があるのかご紹介いたします。

大分市で無垢材を使った注文住宅をご希望の方は、ぜひご参考ください。

種類と特徴

Types and characteristics

無垢材に使われる木材は、いくつかあります。樹木の種類によって木目や色合い、肌触り、柔らかさなどが異なるため、自分の好みに合う無垢材を見つけるのも楽しみのひとつです。こちらでは、無垢材の種類と特徴を見ていきましょう。

● パイン(マツ)

木目に特徴があり、優しい色合いとナチュラルな雰囲気が人気です。柔らかくて温かみがあり、衝撃を吸収してくれることから、小さな子供やお年寄りの部屋の床材に使われることが多いです。傷がつきやすい木材ですが、時間の経過に伴う傷や色の変化も味わいとして楽しむことができます。他の無垢材と比べて、比較的価格が高めです。

● オーク(ナラ)

オークは古くから船やウィスキーを熟成させる樽に使われている木材で、耐久性と耐水性の高さが特徴です。淡い褐色の色合いで重厚感があり、木目が美しいことから床材として人気があります。他の無垢材と比べると、比較的安価といえるでしょう。時間の経過と共に、色が濃くなり味わい深くなる素材です。

● スギ

古くから日本家屋でよく使用されている木材で、日本特産の代表的な樹木です。香りのよさと、柔らかな触り心地が人気です。木の芯に近づくほど赤みが増し、外側は節を模様として楽しむことができます。

● ヒノキ

日本特産の代表的な高級木材です。独特な香りがあり、湿気に強く、耐久性・耐腐食性の高さが特徴です。ヒノキ風呂や桶のように浴室でも使用されており、古くから最高級の建材として幅広く使用されています。また、使っていくとほどよい光沢感が生まれ、磨くと美しい艶がでます。なお他の木材と比べ、価格の変動が激しいです。

● チェスナット(クリ)

日本ではあまり聞かないかもしれませんが、海外では主流の無垢材です。力強い雰囲気をもつ木目で、強度が高いのが特徴です。また、耐水性と耐久性が高いことから、キッチンなどの水回り床材としても人気があります。

他にも、ウォールナット(クルミ)、タモ、メープル(カエデ)、バーチ(カバ)など、様々な無垢材が存在しています。

メリット・デメリット

merit and demerit

天然木の豊かな表情と温もりを感じさせることから人気の無垢材。注文住宅に無垢材を使用するメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

● 無垢材を使うメリット

・経年変化を楽しめる

無垢材は経年変化を楽しむことができます。年月を経て、色、風合い、艶感などが変化していく様子が魅力です。

・調湿作用が高い

部屋の湿度が高いときは湿気を吸収し、湿度が低いときには内部の水分を放出する調湿作用があります。無垢材の家は、高温多湿な夏も低温乾燥の冬も快適に過ごすことが可能です。

・体に優しい

集成材に使用されている接着剤等から発散される化学物質は、シックハウス症候群の原因になるといわれています。その点、無垢材は加工していないため、体に優しい建材といえるでしょう。また、無垢材は熱伝導率が低く、コンクリートなどと比べるとわずか10分の1程度。そのため、床材に使用すると冬でも暖かく、素足で過ごしても冷えを感じさせません。

● 無垢材を使うデメリット

・変形しやすい

無垢材は調湿効果がある反面、変形しやすい特性があります。多湿な季節は膨張し、乾燥する季節には収縮してしまうのです。膨張や収縮を繰り返すことで、フローリングに隙間ができたり、反りが生じたりする可能性があります。ただし、施工の際に事前に対処しておくことで、トラブルを回避することが可能です。

・汚れや傷がつきやすい

無垢材は表面に加工がされていないため、傷つきやすいです。特にスギなどの針葉樹は柔らかく、物を落とすと陥没してしまうことがあります。ただし、複合フローリングと異なり、無垢材はある程度の修復が可能です。

・水に弱い

無垢材は水分を吸収しやすい傾向があるため、シミになりやすく、濡れたまま放置しておくと腐食する可能性があります。そのため、表面に天然油脂やウレタンなどを塗装するのがおすすめです。また、メンテナンスとして定期的に塗り直すとよいでしょう。

このように、無垢材には様々なメリット・デメリットがあります。事前にデメリットを知っておくことで対処できるため、無垢材を使用した注文住宅の建築をお考えの方は、ぜひご参考ください。

ベネッツは、大分市エリアでの家づくりをサポートいたします。理想の住まいづくりを行うことはもちろんですが、家を建てたあとの暮らしを楽しむための計画も重要です。ライフプランに合わせたシミュレーションをすることで、本当に満足できる住まいづくりをご提案いたします。大分市エリアで無垢材を使った注文住宅建築をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

おしゃれでデザイン性に優れた注文住宅にするポイント

せっかく注文住宅を建てるなら、好みに合うおしゃれなデザインにしたいと希望する方が多いのではないでしょうか。しかし、漠然と「おしゃれ」といっても、モダンなスタイルがいい、ナチュラルがいいなど、人によって好みは様々です。

こちらでは、内装と外装のデザインを決める際に気をつけたいポイントをご紹介いたします。

大分市周辺でおしゃれな家をご希望の方は、ぜひご参考ください。

内装のポイント

Interior points

まずは、「こういう家にしたい」というコンセプトを決めましょう。これが決まらないと、おしゃれなデザインの住宅を作ることはできません。なぜなら、デザイン性をアップさせるためには「統一感」が大切だからです。

● 内装デザインをイメージする

おしゃれな家といわれたとき、どのような雰囲気を想像するでしょうか。まずは、全体のテイストを決めることが大切です。和モダンなのか、北欧スタイルがいいのか、ナチュラルな雰囲気にするのかなど、理想のマイホームをイメージしてください。難しい場合は、インターネットやインテリア雑誌、住宅展示場などを参考にするのもひとつの方法です。

● こだわりのポイントに優先順位をつける

インテリアのテイストが決まったら、次にこだわりたいポイントを明確にしていきましょう。吹き抜けがほしい、光がたっぷり入ってくるように大きな窓があると嬉しい、キッチンに力を入れたい!など、こだわりのポイントは人それぞれです。

ただし、住宅はこだわりが強ければ強いほど価格に反映されます。決めた予算の中で満足できる家を作るためにも、求める条件に対して優先順位をつけておくとよいでしょう。あれもこれもと欲張り過ぎると、思っていた以上に高額になってしまう可能性があります。

● 床材や壁材は部屋の使い方で決める

内装の中でも、床材や壁材は特に種類が多いため悩む方が多いです。床材は「フローリング」、「畳」、「カーペット」、「クッションフロア」など、壁材には「塗り壁」、「クロス」、「木材」、「タイル」などがあります。床材・壁材は、デザインだけでなく、機能性を考えて選ぶようにするとよいでしょう。

● コーディネーターに相談をしてみる

注文住宅の仕様を決めていく上で、インテリアコーディネーターと打ち合わせするのが一般的です。空間演出のプロであるコーディネーターのアドバイスをもらい、自分の希望にあった内装を作っていきましょう。

大分市でおしゃれな注文住宅を建築したいとお考えでしたら、ベネッツへお任せください。ベネッツは、「暮らしを楽しむ家づくり」をコンセプトに、住空間の本質を追求し、縁ある人の豊かな暮らしの場を提供いたします。大分市を中心に周辺エリアでの注文住宅建築のご依頼を承りますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

外装のポイント

Exterior points

外装を決める際も、まずは「テイスト」から決めることが重要です。モダンなデザインでも、和風にするか洋風にするかで印象が異なります。内装は後からでもある程度の変更は可能ですが、外装は一度建築したら簡単には変更ができないため慎重に決めていきましょう。

● 周囲の環境や街並みとの調和

外装は周囲との調和が重要です。その街並みに自分が望む住宅ができあがったとき、どのように見えるのかを想像してみましょう。実際に建築予定地に足を運び、建設後の様子を想像しながら周囲を歩いてみるのもおすすめです。

特に外壁の色は街の雰囲気に影響を与える重要なポイントです。彩度の高い原色カラーを選んでしまうと、非常に目立って落ち着かない外観になりかねません。なお、地域によっては、条例で外壁の色などに指定があるケースも存在しているため確認が必要です。

● 家の形状や窓にこだわる

家の外観の形状、窓などの開口部の位置や形は、デザイン性をよくするために重要です。コスト的に安くなるからと、シンプルな外観にしてしまうと、凹凸がなくのっぺりとしたイメージになりかねません。窓やベランダの配置に工夫して、ほどよく凹凸をつけるようにしましょう。また、表から見える部分に大きな窓や出窓などを使うと、洗練されたイメージに仕上がります。

なお、屋根選びも家のデザインを決める上で大切なポイントです。近年は片流れの屋根が人気ですが、屋根に太陽光設備などを乗せるとゴチャゴチャした印象になります。そのため、屋根の使い方なども踏まえて検討するとよいでしょう。

● 外壁の素材はデザインだけでなく機能性も重要

外壁材の素材によっても見た目の印象が変わります。窯業サイディングの外壁材が一般的ですが、タイル、セメント、塗り壁など種類は豊富です。それぞれ質感や見た目、メリット・デメリットが異なるため、実物を確認して選ぶことをおすすめします。

また、外壁材は雨風にさらされるため、機能性も重要です。劣化スピードや汚れ落ちなど、メンテナンスのことも考えて選ぶようにしましょう。なお、地域の気候に合わせて選ぶことも大切です。

ベネッツは内装・外装どちらのデザインに関するご相談にも応じます。大分市内でおしゃれな注文住宅建築を目指す方をサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。ご相談から資金計画、現地確認、ヒアリング、プラン提案、見積もり提示、住宅ローン事前審査までは無料で対応いたします。大分市周辺エリアの方からのご相談もお待ちしております。

無垢材を使ったおしゃれな注文住宅はベネッツにお任せ

おしゃれな注文住宅は、一緒に作り上げる建築業者のセンスも重要です。依頼する業者によって、取り扱っている無垢材の種類や、デザイナーの手腕も異なります。そのため、自分たちが希望するテイストの家を作っているかどうか、過去の実績で確認するとよいでしょう。

大分市で無垢材を使った注文住宅を検討しているなら、ベネッツにお任せください。ベネッツは、大分市周辺で「モデルハウス見学会」や「家づくりのための勉強会」を行っています。大分市の気候や地域性に合ったご提案をさせていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

大分市で注文住宅の建築を検討しているなら、ベネッツにお任せください

会社名 有限会社ベネッツ
設立 2002年1月11日
住所 〒878-0011 大分県竹田市会々 字平2793−17
TEL 0974-63-9595
FAX 0974-63-9590
代表取締役 伊東哲也
事業内容 ・新築 ・リフォーム ・リノベーション ・ガーデニング ・カーポートやウッドデッキ工事 ・上記の見積り/設計/管理 ・浄化槽補助申請業務(無料) ・住宅のお悩み相談 ・DIYのアドバイス及びお手伝い ・雑貨販売 など
URL https://www.benet.co.jp/
PAGE TOP